2016年8月2日火曜日

熱中症

熱中症の患者様が増えています。
こまめな水分補給と塩分補給をするようにしてください。
「熱中症」とは暑い環境で生じる健康障害の総称で、体の中の熱が放散できない状態です。
「熱中症」にはさまざまな症状があります。
めまいやふらつきなど熱中症の初期症状に気付いたらすぐ休むべきですが、もともと体調が悪いために頭痛や倦怠感を感じている方は、熱中症になっていても気付かないことがあります。
また、熱で意識がもうろうとしてきて、自分の状態を判断できないまま急に意識を失う場合もあります。
○本人の意識がはっきりしていない
○自分で水分や塩分(ナトリウム)が摂取できない
○症状がよくならない
このような症状の時はすぐに医療機関を受診してください。
楽しい夏休みを過ごすようにしてくださいね。

胃カメラ、 内科診察の初診受付サービスを行っています。
HPを参照ください。
http://www.shinagawa-c.com

0 件のコメント:

コメントを投稿