2016年6月6日月曜日

おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)の予防接種はお済みですか?


おたふくかぜはムンプスウイルスというウイルスの飛抹感染で起こります。
潜伏期は2-3週間で、主な症状は耳下腺(顎下腺、舌下腺など)が腫脹します。発熱を伴うことがあります。
合併症として、無菌性髄膜炎、脳炎、膵臓炎、難聴があります。
思春期以降の男性では睾丸炎があります。
特におたふくかぜによる難聴の多くは片側性で、回復が困難といわれています。
まだ予防接種をされていない方は子供だけでなく大人の方もするようにしてください。
おかげさまで、電子書籍「ピロリ菌を知れば人生はうまくいく!
胃癌に負けないために」はたくさんの方に読んでいただいています。まだの方は、ぜひお読みになってください。

0 件のコメント:

コメントを投稿