2016年6月4日土曜日

膀胱がんは喫煙が原因のトップ!

おはようございます。
週末は雨のようですね。
こんな天気の日はゆっくり過ごすのもいいですね。

膀胱がんは喫煙が原因のトップ!
キャスターの小倉智昭さんが膀胱がんを1週間の入院で治療しました。開腹せずに尿道から挿入した内視鏡で腫瘍を治療する方法に「経尿道的膀胱腫瘍切除術」というのがあります。表在型膀胱がんであれば、この治療法を受けた人の5年生存率は95%になります。
進行がんでは5年生存率は4割以下になります。
膀胱がんを疑う症状は血尿で、痛みを伴わないのが特徴です。
発がんの原因のトップはたばこで、喫煙者のリスクは5倍以上になります。男性の膀胱がんの50%以上、女性でも約30%はたばこが原因といわれています。
職業上、特定の化学物質を扱う人もリスクが高まります。
喫煙は百害あって一利なしですね。
(参考:がん社会を診る:中川恵一)
おかげさまで、
「ピロリ菌を知れば人生はうまくいく!
胃癌に負けないために」
(予約がとれないクリニックの院長の健康講座 lesson1)
おかげさまで、好評発中です。
現在、キャンペーンで99円で販売しています。
売り上げはすべて熊本地震の被災者の方に寄付させていただきます。
まだ、読まれていない方は、読んでいただければ幸いです。


0 件のコメント:

コメントを投稿