2016年3月10日木曜日

ピロリ菌を制して胃癌を制する

先日、佐賀県が胃癌死亡率全国第二位と発表され、これを受けて、県としての対策が発表されました。
県内の中学3年の全生徒約9000人を対象に、胃がんの原因になるとされるピロリ菌の検査を実施する計画で、治療まで行うとのことです。
これはずばらしい取り組みだと思います。まさに、「ピロリ菌を制することは胃癌を制する」ということです。今まで当院がずっと言い続けてきた「ピロリ菌をなくして胃癌をなくそう」と合致します。

まだ、胃カメラ検査・ピロリ菌検査されたことない方はお気軽にご相談ください。

0 件のコメント:

コメントを投稿