2015年9月27日日曜日

ピロリ菌について3〜治療編

今日はよい天気ですね。
今、クリニックの床のワックスがけをおこなっていただいています。
明日はぴかぴかの床でお出迎えできます。
今日は最終日ピロリ菌の治療法です。
ピロリ菌の感染が確認されると以下の方法で除菌を行います。
2種類の抗生物質と胃酸を抑えるお薬の3種類のお薬を朝夕1日2回1週間しっかりと続けての飲むことで約70-80% の患者さんはピロリ菌を除菌できます。1回目の除菌治療で除菌できなかった場合にはお薬を変えて再度除菌治療を行うことが可能です。2回目の除菌治療では約90%の患者さんで除菌できます。除菌が成功したかどうかは除菌終了後4週間以上あけて検査をすることでわかります。
除菌ができた場合、感染したままの患者さんに比べ、胃癌の発生率は減少しますが、感染していない患者さんに比べ、胃癌の発生率が高いため、年に一回の胃カメラ検査が推奨されています。
これから、お出かけの方もおられると思いますが、気をつけて行かれてくださいね。

胃カメラ、 内科診察の初診受付サービスを行っています。
HPを参照ください。
http://www.shinagawa-c.com

2015年9月26日土曜日

ピロリ菌について2〜検査法編

明日は日曜日ですね。
台風も九州をそれていくようですね。
今日はピロリ菌の検査方法について
ピロリ菌を見つける検査には大きく分けて内視鏡を使わない方法と、内視鏡を使う方法があります。
①内視鏡を使わない方法
内視鏡を使わない検査方法は、何より内視鏡検査を受けずに済むという大きなメリットがあります。
1) 尿素呼気試験法
診断薬を服用し、服用前後の呼気を集めて診断します。
最も精度の高い診断法です。簡単に行える方法で、感染診断前と除菌療法後4週以降の除菌判定検査に推奨されています。
2) 抗体測定
ヒトはピロリ菌に感染すると、抵抗力として菌に対する抗体をつくります。血液中や尿中などに存在するこの抗体の有無を調べる方法です。血液や尿などを用いて、その抗体を測定する方法です。
3) 糞便中抗原測定
糞便中のピロリ菌の抗原の有無を調べる方法です。
②内視鏡を使う方法
内視鏡検査では、胃炎や潰瘍などの病気があるかどうかを直接観察して調べますが、それと同時に、胃粘膜を少し採取しそれを使って検査する方法です。
1) 培養法
胃の粘膜を採取してすりつぶし、それをピロリ菌の発育環境下で5〜7日培養して判定します。
2)迅速ウレアーゼ試験
ピロリ菌が持っているウレアーゼという、尿素を分解する酵素の活性を利用して調べる方法です。
採取した粘膜を特殊な反応液に添加し、反応液の色の変化でピロリ菌の有無を判定します。
2) 組織鏡検法
胃の粘膜の組織標本に特殊な染色をしてピロリ菌を顕微鏡で探す組織診断方法です。
いずれも保険適用になっていますが、胃カメラを行ってヘリコバクターピロリ菌感染胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍の診断が必要です。
ピロリ菌に感染しているかだけを調べたい場合は、自由診療になります。当院では自由診療でもピロリ菌感染検査を行っていますので、お気軽にお問い合わせください。
明日は晴れのようですね。
楽しい日曜日をお過ごしください。

胃カメラ、 内科診察の初診受付サービスを行っています。
HPを参照ください。
http://www.shinagawa-c.com

ピロリ菌について1〜引き起こす病気は?

最近、ピロリ菌の問い合わせが多いので説明します。
ヘリコバクター・ピロリ菌は、1982年にオーストラリアのウォーレンとマーシャルは、胃粘膜から新しい細菌の分離・培養に成功し、ヘリコバクター・ピロリ(H. pylori )を発見しました。二人はノーベル賞を受賞しました。
胃の中は胃酸が出ているため、通常の菌は死んでしまいます。ピロリ菌は特殊な酵素をもっており、アンモニアを発生して、胃から身を守っているため、胃の中で生きることができます。
ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎は萎縮性胃炎の他にも、消化性潰瘍、胃MALTリンパ腫、機能性ディスペプシア(FD)、胃ポリープ、特発性血小板減少症を引き起こし、萎縮性胃炎を経て一部は胃がんを引き起こすことが知られています。ヘリコバクター・ピロリ感染陰性者ではほとんど胃癌を発生しないことも明白となってきました。
ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎に除菌の適用拡大がされたので、胃がんを含むヘリコバクター・ピロリ感染胃炎に基づくほとんどの疾患を抑制できる可能性があります。
どのように感染するわかっていませんが、口から感染するのが大部分と考えられています。ピロリ菌の感染率は衛生環境と相関すると指摘され、50代以上の日本人の70〜80%以上がピロリ菌に感染しているといわれています。その一方で、若い人の中にも感染している人がいますので、ぜひ検査を受けてみてください。



胃カメラ、 内科診察の初診受付サービスを行っています。
HPを参照ください。

http://www.shinagawa-c.com

2015年9月21日月曜日

胃癌を撲滅するために〜ピロリ菌の除菌を!

連休はいかがでお過ごしですか?
毎日よい天気が続きますね。残り2日、素敵な休日をすごしてくださいね。
フリーアナウンサーの黒木奈々さんが胃癌のため、32歳という若さで亡くなられました。このニュースに愕然とされた方も多かったと思います。
近年では、胃がんは早期発見すれば治る病気と言われていますが、依然として日本人のがん死亡順位で男性の場合2位、女性で3位と高ランクを保持しています。
そして、胃癌の原因の一つにピロリ菌が関わっていることがわかっています。ピロリ菌の除菌と定期的な胃カメラを行うことが、胃癌対策に重要といわれています。
クリニックではピロリ菌検査や胃カメラ検査を行っています。また、10月末まで、ワンコインピロリ菌検査を行っています。(自由診療)
この機会にぜひ受診されてはいかがでしょうか?



胃カメラ、 内科診察の初診受付サービスを行っています。
HPを参照ください。
http://www.shinagawa-c.com

2015年9月4日金曜日

秋のアレルギー

今日はよい天気ですね。
春に花粉症を経験している人なら実感することですが、アレルギーによくある症状は、風邪の初期のものとよく似ています。そして春の花粉症の経験のない人は、秋のはじまりに同じような症状を感じると、ごく自然に「そろそろ冷えてきたから、うっかり風邪をひいたかな?」と考えます。しかし風邪は通常1週間程度でよくなってくるものですが、2週間以上も症状が変わりなく続いたら、それは風邪ではなくアレルギーかもしれません。実は秋も、花粉症をはじめとするアレルギーの発症がおこりやすい時期なのです。
秋にアレルゲンとなりやすい花粉を飛ばす植物の多くは、ブタクサ、カモガヤといった、「草」の類です。また、秋咲きのスギ花粉も報告されていますので、これも要注意でしょう。
梅雨時から始まって7月に発生のピークを迎えるダニの寿命は約3か月。秋の始まりのころ

には、室内の見えないところに寿命をむかえたダニの死骸が増えます。それらが干からびて粉々に砕け、目に見えないほどのタンパク質のチリとなって空中に浮遊すると、花粉と同じように、呼吸器などから人体に入り込んで、アレルゲンとなってしまうことがあります。
鼻水、鼻づまり、咳、くしゃみなどの症状がある方は早めに受診されてください。

大阪の後輩の先生より肉まんをいただきました。とても美味しく、スタッフみんなといただきました。

胃カメラ、 内科診察の初診受付サービスを行っています。
HPを参照ください。
http://www.shinagawa-c.com



2015年9月1日火曜日

大人のりんご病(伝染性紅斑)

台風が過ぎてから、気温が少し下がりましたね。風邪など体調管理に気をつけてくださいね。
来院される伝染性紅斑(りんご病)の患者さんの数が増えています。
伝染性紅斑(りんご病)は主に小児の間で流行する感染症ですが、大人にもしばしば感染します。
学童や幼児のリンゴ病の流行期に大人、特に子どもと接触の多い20~30歳代のお母さんが伝染性紅斑(りんご病)に感染して来院されます。
伝染性紅斑(りんご病)は子どもでは初めにリンゴのような赤いほほになることから名付けられました。
大人の伝染性紅斑(りんご病)では子どものようにほほが赤くなることは少なく、ほてった感じがするくらいですが、その2,3日後から手やうで、ふとももに小さな赤い斑点を生じてきます。
赤い斑点はよくみると連なっていてレース様と表現されますが、実際には赤い斑点(紅斑)のように見えます。
さらにこの頃から大人では手首や指、膝や腰の痛みが強くなり、ひどいと手の指が曲がりにくくなったり、階段の昇降にも不自由を感じるようになります。
原因の分からない手足の斑点と関節痛のために、大人の伝染性紅斑(りんご病)は他の病気と間違われることがあります。
リンゴ病ではこのような紅斑や関節痛はふつうは一週間くらいで自然に治ります。
このような症状がある方は受診されてください。
今日から9月がんばっていきましょう!



胃カメラ、 内科診察の初診受付サービスを行っています。
HPを参照ください。

http://www.shinagawa-c.com