2015年7月22日水曜日

胃がんと塩分とピロリ菌

今日もゲリラ豪雨のような雨でした。
通勤、通学注意してくださいね。

胃がんの患者さんのほとんどがピロリ菌に感染していますが、ピロリ菌に感染したからといって胃がんに必ずなるわけではありません。ネズミにピロリ菌を感染させた実験では一匹も胃がんになりませんでした。しかし、ピロリ菌に感染したネズミに多量の塩を与えたところ胃がんが頻発しました。つまり、ピロリ菌に感染している人が、塩分過多になると、胃粘膜の炎症が進み、胃がんを発症しやすくなるということです。胃がん患者が塩分を多くとる東北地方にみられ、胃がんによる死亡率が一番高いのは秋田県で、青森県、山形県が続きます。
私たちの食卓には、味噌汁や漬け物など塩辛い食品が欠かせません。日本人の塩分摂取量は減ってきたとはいえ、まだまだ、世界トップクラスです。高かったピロリ菌感染率と並んで塩分摂取量の多さが日本が胃がん大国である大きな理由といえます。
今夜から減塩に挑戦してはいかがでしょうか?

胃カメラ、 内科診察の初診受付サービスを行っています。
HPを参照ください。
http://www.shinagawa-c.com

0 件のコメント:

コメントを投稿