2015年7月15日水曜日

低血糖症(血糖異常症)について

毎日暑いですね。
このような時は体調を崩しやすいので気をつけてくださいね。
低血糖症(血糖異常症)についてご存じですか?
血糖値の調節は、個人差が大きく、その変動に伴う自律神経の変動に伴って様々な身体症状・精神症状がでます。
例えば、動悸、頭痛、めまい、ひどい疲労感などがあります。
一般に原因不明の不定愁訴といわれることが多く、治療がされないままでいることが多いのです。
うつ、パニック障害、慢性の頭痛やめまい、慢性疲労症候群なども低血糖症に関係することが多くあります。
低血糖症を原因とするこれらのつらい症状は
血糖値の変動によって自律神経が刺激される一方で、自律神経の刺激によって血糖値が変動するという悪循環を作っていることが多く、なかなか改善が困難です。しかし、低血糖症を正しく理解し、医師の指導のもとで正しい食事と必要な栄養素をとることで改善がみられます。
思い当たる方は受診をお勧めします。


苦しくない胃カメラを。
品川内科クリニック

0 件のコメント:

コメントを投稿